正しい弁護士選び

交通事故の被害者になり、弁護士に相談をしたいと思ったらまずは弁護士を探さなければなりません。現在では弁護士の数も多く、どの方に相談すればいいのかわからないものです。一般的には交通事故に精通した弁護士を選択するのが最も正しい選び方と言えます。交通事故の裁判を多く経験していない弁護士だと不安ですし、実際に訴訟になっても納得できる結果を得られなかったということもあります。後悔をしないためにも正しく選ぶことが大切になります。

弁護士の選択では交通事故の裁判経験が多い方という点以外に弁護士との相性もあります。中には横柄できちんと依頼者の話を聞いていないような弁護士も中にはいます。こういった方に相談をしても信頼関係を築いていくことができませんし、不安になることでしょう。実際に弁護士に一度相談をした際には弁護士の人柄などチェックするといいでしょう。その際に相性が悪いと感じたら相談だけで帰るようにしてください。

訴訟を起こすようになると弁護士と二人三脚で取り組んでいきます。ですから信頼関係というものはとても大切になります。信頼できない人にはプライバシーに関わることも話せないものです。裁判ではプライバシーに関することも話す必要が出る場合もあるので、弁護士との相性はとても大切なものです。

弁護士と訴訟

交通事故の被害者となると示談までにかかる道のりは長くなることが多いものです。特に後遺障害の認定を受けた場合には賠償金の金額がとても大きくなるので、それだけ時間がかかるのも当然ではあります。また賠償に関しては、自賠責から支払われる金額以上に相手方保険会社が支払うことが多い場合、特にもめやすくなります。保険会社としては1円でも安く示談金を抑えたいものです。ですから当然激しく抵抗してきます。そのため訴訟で解決を図らなければならなくなってしまいます。

賠償金が大きい場合、また被害者として納得できる解決をしたい場合には訴訟を提起するのが自然です。その場合一般的には弁護士に依頼するものです。少額訴訟では弁護士を立てなくてもいいので弁護士に依頼をする必要はありません。しかしそれ以外のケースでは弁護士に依頼をしなければなりません。訴訟を前提に弁護士に依頼をする場合にはまずは一度予約を取って弁護士と話をします。その際事故に関する詳細を示したり、カルテや後遺障害認定の文書なども持参します。また症状固定になったばかりで相談をするケースもありますし、また通院や入院中で相談に訪れる方もいます。

弁護士に依頼をすると決まった際には着手金などを支払います。報酬に関しては実際に得られた賠償金によって変化していきます。訴訟を起こすような案件の場合、弁護士に費用を支払ってもそれ以上の金額的なメリットは大きいものです。

交通事故と弁護士

交通事故になった場合、被害者としてはどうしたらいいのかわからない場合が多くあります。交通事故というものは頻繁に起こるものではありませんから、どういった対応をしたらいいのか多くの方はわからないものです。交通事故後から示談に向けての話し合いまでの間にいろんなことがあります。どのように考えたらいいのか、多くの方が悩んだりするものです。そんな時に頼りになるのが弁護士です。プライバシーを考え、また専門家として適切なアドバイスや行動をしてくれるので、安心して相談をすることができます。交通事故の場合、どういった対応を弁護士に依頼することができるのでしょうか。

交通事故の被害者の相談は様々ありますが、実際に弁護士が受ける相談の内容は様々です。単に相談だけで終わる場合もあります。例えば過失割合が決まらずもめている場合に弁護士としての判断を聞きたいという相談があります。また相手方保険会社から通院の終了を言われていて困っているなど、現段階では訴訟に至らないような相談を弁護士が受けることがあります。また後遺障害に認定されているが、等級が高く今後訴訟を考えているという相談もあります。賠償額で見ると多くない金額のものから億に達するような内容まで様々です。

弁護士は1度だけの相談を受けることから、被害者の代理人になることもあります。訴訟を起こした場合控訴して何年もかかるケースも実際にはあります。それだけ交通事故は解決まで時間がかかるものだと言えるでしょう。